水漏れ!漏水事故!

お客様より連絡をいただき、「縁の下に水が溜まっている」ようなんです!
実は、縁の下の換気を確認した業者さんが、縁の下に水が溜まっているところがありますよ。
と言われ、当社に確認の依頼をいただきました。
以前よりのお客様なのでまずはお邪魔して縁の下に潜り水たまりの確認をしました。
確かに、指摘を頂いたところに水たまりになっている個所があり、水たまりの原因の調査です。

水たまりの所には、排水配管、給水管があり、基礎の近くで給水管が地面下に入っているところです。
おそらく外部から宅内に引き込んでいるところでしょう。

近くに、基礎を貫通し汚水管が外部に出ています、そのような状態の場所で、水が溜まっています。

内部で何らかの理由で水が溜まったのか、基礎を貫通している汚水管の際から外部の水が入ってきたのか、排水配管からの水漏れ?、外部から引き込みの給水管に原因があるのか調査するため、まず水道メーターの確認をしました。

宅内で水が使われていない状態で、メーターを確認したところメーター内のパイロットがゆっくりと回転しています。
宅内の水道が使われていない状態ですから、何処かで漏水している状態です。

再度縁の下に入り、給水管の際を掘ったところ、外から引き込みの管の際から水が入っていることが確認できました。
外部の基礎の際のコンクリート土間を斫り、土を掘って、塩ビ配管のジョイント部から水漏れしていることが解りました。

漏水の原因が解りましたから、その部分の配管を入れ替えて漏水修理完了です!

後は、土を戻し、壊したコンクリート部を補修して作業完了です。

今回の、漏水事故はとても良いタイミングで発見でき、漏水箇所の特定が比較的簡単にできたことは、不幸中の幸いと言えるかもしれません。

外部は、土間コンクリート仕上げですから、縁の下もコンクリート土間になっていれば今回のように漏れた水をすぐに発見することは困難でしょう。
水道料金の異常で気付くこともあります、その際かなり高額の水道料金の請求になることも珍しくありません。

そう考えると今回の事故はラッキーと言えると思います。
早く解決出来良かったです。