2階にトイレを増設したい!!

1階にトイレはあるけれど、寝室が2階にあり、2階にもトイレがあったら便利だな!
高齢化して、夜中にトイレに起きることが増えてきた、ご家族が多く毎朝トイレが渋滞してしまう、などの理由で2階にもトイレが有ったらいいな、とお考えの方に2階にトイレ設置情報です。

・どれくらい費用がかかるのか?
・工事期間はどのくらいかかるの?
・どこに設置できるの?
などなど、簡単に解説いたします。

 

2階にトイレを設置するメリットは

高齢者や体調が優れない場合、階段の上がり下りはかなり負担を感じる動作です。
また、夜中にトイレに起きての階段の上がり下りも毎日になるととても負担に感じると思います。
万一階段から滑り怪我をする危険もあり、2階にトイレが有ることは生活が楽になります。
お子さんが多かったり、大家族の場合、朝全員がトイレ待ち状態になることもあると思います。
毎朝のストレスを解消するためにも2階のトイレ設置は魅力的だと思います。

 

2階にトイレを設置する、費用と工事期間は

費用

実際にトイレを設置する費用は
設置する便器のグレードや設置場所の条件で費用は50万円から100万程度かかります。
工事の日数は、5日から7日位です。
トイレも手洗い付、手洗いなし、タンクの有無やリモコン機能の違いで様々なグレードがあります。
最近はスタイリッシュなタンクレスのトイレも人気です。
タンクがなくコンパクト設計なため設置スペースも少ないため、2階への設置にはいいかもしれません。
ただし、手洗がないため別に手洗が必要になります。
機能と価格も様々なので、お気に入りのトイレを探してみましょう!!

工事費用

設置場所の条件によって工事費用も変わってきます。
トイレを設置するにも、2階に給水設備が有るケースは比較的少ないと思います。
設置予定場所に給水管が無い場合、給水を引く必要があります、また、新たに排水管を引く必要もあります。
トイレ内の工事費用はあまり差がありませんが、給水、排水の条件でかなり費用の差が出てきます。
1階トイレの真上に設置できるのが最も理想的です。

 

設置場所は

1階のトイレの上にスペースが有れば配管等の条件が良いのですが、条件が合わない場合は、階段踊り場に物入れがあったり、踊り場に面したお部屋側に収納や押し入れがありませんか?
空間になったスペースが有るとそこを利用して設置すると比較的スムースに設置可能です。
入り口を廊下側に設置することで、誰もがトイレ利用が楽で仕上がりも綺麗にできます。
改装部分が少なく工期も短く済みます。
踊り場に設置する場合の注意点として、出入り口が階段に近すぎると階段に足を踏み外す危険があるため注意が必要です。
廊下に面した部分に適当なスペースがない場合、お部屋の中のクローゼットや押入れを利用し、お部屋に直結するタイプになります。
高齢者がご自分のお部屋に設置する場合は夜でも利用しやすいのですが、他の方が利用する場合設置したお部屋に入る必要があり少し不便を感じることになります。
設置場所や、配管の条件によって工期や必要費用も異なります。
設置する便器のタイプと合わせてご相談ください。

 

排水音にも注意が必要です!

設置場所説明をしましたが、給水と排水があるため使用時に水の流れる音が気になることもあります、昼間は気にお成らない音でも夜中だと気になることもあります、配管が寝室の近くにある場合は特に注意が必要です。
壁の中に入ってしまう部分なので予め吸音材等で音対策をすることが大切です。

 

トイレの入り口ドアの種類は?

入り口には、ドアと引き戸のタイプがあります。
ドアの場合、内開き、外開があります。
設置した場所や内部のスペースによって開き勝手で不便を感じることもあり、よく検討する必要があります。

引き戸を設置すれば、狭くても出入りは楽になります。
踊り場に設置した場合にでも階段を踏み外す心配め軽減できます。

 

2階にトイレを増設するまとめ!

・2階へのトイレの増設は、階段の上がり下りの軽減や、夜間の階段転落防止、トイレ利用時間の混雑解消などのメリットがあります。
・費用は便器の種類、設置場所の条件等で差がありますは、50万円から100万円程度かかります。
・工事期間は、5~7日程度かかります。
・設置場所として、階段踊り場付近で1階トイレの上、給排水が近い場所がベスト!
・トイレの入口は引き戸はおすすめです!

トイレは毎日の生活にとてもたい大切な部分です、一度ご検討されることをおすすめいたします。
ご相談いただければお伺いし最もあったプランをご提案させていただきます。